スポンサードリンク

フラコラの成分はどんなもの?

フラコラ500ってどんな成分があるんだろう?
とおもって調べてみました。


フラコラ500に入っている成分を調べてみると、魚由来のマリンコラーゲン、大豆イソフラボン、シルクアミノ酸、そして、ビタミンCということらしい。確かにどれも、効きそうだけど。


コラーゲンは、もちろんお肌のつやとうるおいを保ってくれるもの。マリンコラーゲンは、魚由来で、牛や豚みたいなBSE問題はなさそう。フラコラ500には、このマリンコラーゲンの中でも安全性が高いといわれる、魚のウロコから抽出した「スカールコラーゲン」という新素材のコラーゲンを使っているんだって。


大豆イソフラボンは、コラーゲンを作ってくれる女性ホルモンと似たような構造をもつ成分ってわけなんだけど、うーん、要するに女性の身体に優しいということかな?


シルクアミノ酸って分かるような分からんところあるからちょっとしっかり調べてみました。要するに、シルクアミノ酸とは、絹糸や繭から抽出したアミノ酸ということ。絹糸や繭を粉末(パウダー)にしたものだそう。人間に必要な全20種類のアミノ酸を18種類を含む優れたアミノ酸なんだって。


ビタミンCはコラーゲンの体内の合成を促進してくれもの。コラーゲンと一緒にとらなきゃ意味なしってこと。


ちなみに、フラコラ500一本にはフカヒレ約5枚分のコラーゲンが含まれてるんだって。なんだか分かるような分からないような例え。でも、確かに効きそう。





スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。