スポンサードリンク

フラコラ500とは

フラコラ500って知ってますか?

最近口コミでよく聞く美容に効く【飲む】コラーゲンですね。

コラーゲンって実は分子が大きいので、皮膚に塗ったくらいじゃ、効かないらしい。
というわけで、体の隅々まで直接働きかけるのが【飲む】コラーゲンであるフラコラ500というわけだそうです。

【フラコラ500】は協和が販売している商品名ですが、大豆イソフラボンの「フラ」とコラーゲンの「コラ」の合体した名前???それで500は、分子量なんだって。

普通の食べ物に入っているコラーゲンの分子量が300,000なので600分の1。分子量が小さいほうが吸収にいいんですよね。


でも、コラーゲンがシミや肌のトラブルなどの解消に役立つのは知っているけど、コラーゲンって取りすぎて大丈夫なの??って思ったことないですか??


ちょっと調べてみました。



大丈夫!!とりすぎたら排泄されるだけ。
よかったよかった。


もともと一日に必要なコラーゲンの摂取量の目安が、約5000〜10000rらしいのに、現代人の食事では約3000〜4000rしかとれていないそうです。

フラコラ500は一日に必要なコラーゲンが10000r含まれているから現代人に売れているんですね。


もうちょっとこのフラコラ500について調べてみようかな。



フラコラの成分はどんなもの?

フラコラ500ってどんな成分があるんだろう?
とおもって調べてみました。


フラコラ500に入っている成分を調べてみると、魚由来のマリンコラーゲン、大豆イソフラボン、シルクアミノ酸、そして、ビタミンCということらしい。確かにどれも、効きそうだけど。


コラーゲンは、もちろんお肌のつやとうるおいを保ってくれるもの。マリンコラーゲンは、魚由来で、牛や豚みたいなBSE問題はなさそう。フラコラ500には、このマリンコラーゲンの中でも安全性が高いといわれる、魚のウロコから抽出した「スカールコラーゲン」という新素材のコラーゲンを使っているんだって。


大豆イソフラボンは、コラーゲンを作ってくれる女性ホルモンと似たような構造をもつ成分ってわけなんだけど、うーん、要するに女性の身体に優しいということかな?


シルクアミノ酸って分かるような分からんところあるからちょっとしっかり調べてみました。要するに、シルクアミノ酸とは、絹糸や繭から抽出したアミノ酸ということ。絹糸や繭を粉末(パウダー)にしたものだそう。人間に必要な全20種類のアミノ酸を18種類を含む優れたアミノ酸なんだって。


ビタミンCはコラーゲンの体内の合成を促進してくれもの。コラーゲンと一緒にとらなきゃ意味なしってこと。


ちなみに、フラコラ500一本にはフカヒレ約5枚分のコラーゲンが含まれてるんだって。なんだか分かるような分からないような例え。でも、確かに効きそう。





フラコラ効果と口コミ情報

フラコラのことも、フラコラの成分もわかったけれど、肝心かなめの効き目はどうだろう??

フラコラ500のモニター実験では、だいたい3週間から4週間くらいで、効果がでてくるみたい。質感、潤いが一番早くて3週間、色、くすみ、ハリやたるみに効果が見られるのが4週間目くらいみたい。

継続することが大事みたいだけど、フラコラって美味しいのかな?なんだかまずかったら普通続けらんないでしょ。


というわけで、口コミ情報を探しまくりました!!


んで、その中身を総合するとだいたいこんな感想が多いかな

・ねっとりした舌感、けど慣れるとおいしい
・いや、やっぱまずいよ
・飲むヨーグルトみたいで美味しい
・濃い、けど慣れるとおいしい
・すっぱ甘い
・まあ、許容範囲


なんだか、まあ、変わった味だということは分かりました。
ちなみに、許容範囲そうであることも理解。

【大人にきびができた時、結婚式などの華やかな場所、大事な契約の日などの前日には飲んでおきたい】といったコメントから、
2ヵ月後の友人の結婚式に向けて購入を決意!


さあ、どうなることやら?
お肌に効いてくれるといいな♪










スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。